毎日美白対策をするために日焼け止めを使おう【製品の選び方とは】

相談でトラブル回避

相談室を設ける

レディ

手軽さもウケて、ネット通販を利用して化粧品を購入する際に、素肌に直接つけることからも、肌に優しいかどうか、それが自然素材であっても気になるものです。この点をカバーするために、各化粧品メーカーの通販サイトでは、1回分やミニサイズをサンプリングするなど、直営店でお試しできるサービスと同じ内容に応えています。特に日焼け止め製品は、日常生活からレジャーまで、肌質や好みに合わせて選ぶことができるほどに種類も豊富で、商品の内容や使用方法などを相談したいケースもあります。個別に応えてくれるのが、美容相談室で、美容に関する専門スタッフが、通販化粧品のあれこれに対応してくれますし、直営店との連携も図ってくれるので、利用幅を広げられる魅力もあります。日焼け止めクリームを例にした場合、SPFやPA値ともに基準値の高いものも、低いものもあり、赤ちゃんにも使える成分であるのか、特に、家族で共有した使い方では製品選びに難色を示します。ネット通販は、化粧部員がアドバイザーとして商品を勧めることができないため、こうした相談室が設けられていますし、最近ではアプリによるサービスが打ち出されています。肌診断が一例で、診断結果によって、適した日焼け止めを選んでくれるだけでなく、目的に合った使い方から相乗効果のある化粧品までも抜粋してくれます。このことにより、顔の見えない通販利用でも、日焼け止めクリームによる肌トラブルを未然に防ぐことが、安心してできるようになっています。

紫外線から肌を守る

女の人

太陽から出る紫外線を浴びることで、皮膚が炎症を起こすことを日焼けといいます。日焼けすると肌にメラニン色素が沈着し、皮膚の色が濃くなります。日焼けした肌はやがて剥げて元の色に戻りますが、繰り返すと肌にダメージが蓄積します。日焼けは日焼け止めを塗ることで防ぐことができます。日焼け止めは、効果の強いものから弱いものまであります。一般に、効果の強力なものほど肌への負担も増えます。買い物などのちょっとした外出なら効果の弱いもので充分です。一方、海水浴など、一日中、強い日差しの下に出る場合には強力な日焼け止めを使う必要があります。日焼け止めは、紫外線から肌を守ってくれますが、つけたままにしていると肌に悪影響を及ぼします。帰宅したらしっかりと洗顔して落とすことが大切です。日焼け止めは耐水性の成分である場合も多いので、落とすときは水洗いだけではなく洗顔フォームで落とすようにしましょう。日焼け止めがなぜ紫外線を防げるかというと、「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤」といった紫外線防御剤が含まれているからです。紫外線散乱剤は鉱物由来のものが多く、塗ると白っぽく肌が見えます。紫外線吸収剤は合成化合物が使われていることが多いです。最近では肌への負担を考え、ハーブなどの天然成分を使った日焼け止めの開発も進められています。日焼け止めの効果はSPFやPAという単位で表されます。SPFは効果の持続する時間を表しています。PAは効果の強さを表しています。

日に焼ける時間を遅らせる

美容液

日焼け止めは、日差しが強い日だけでなく、曇りの日も雨の日も、肌に塗ることが推奨されています。なぜなら、厚い雲を通しても、紫外線は地上に降り注いでいるからです。しわやたるみ、シミなどを作らないためにも、日焼け止めで紫外線から肌を保護することが大切です。多くの人は、日焼け止めを選ぶ時は、SPFやPAの数値の高さで選んでいる事でしょう。アウトドアのイベントや海やプールに遊びに行くときはSPF50の日焼け止め、通勤や買い物程度ならSPF20から30という具合です。ただ、実際にSPFの数値が、どのような意味合いを持つのかは、あまり知られていません。SPFの数値は、紫外線をブロックする強度ではなく、日焼けをするまでの時間を、どれだけ遅らせることができるかという数値です。日焼けするまでに要する時間は、一人一人異なりますが、SPFの数値は、日焼けするまでの時間を何倍まで伸ばせるかを示しています。SPF20の日焼け止めは、日焼けするまでに20分かかる人が使うと、20分の20倍の、400分まで伸ばすことができます。SPF50なら、20分の50倍の1000分まで伸ばすことができるのです。そのため、時間の短い外出の時はSPFの数値の低いもの、長時間の外出の時は、SPFの数値が高いものを選ぶのが正解です。ただ、1000分も日焼けまでの時間が遅らせられるからといって、そのまま放置していてはいけません。日差しの強い場所では、数時間おき塗りなおすことも必要です。

室内でも欠かさない

婦人

正しい日焼け止めの塗り方を知らないと、しっかり予防することができません。衣服の中まで塗ること、室内に居ても紫外線予防をすることが大切です。また、日焼け止めサプリなども安価で販売していますので、取り入れていきましょう。

もっと読む

注意することもある

女性

日焼け止めは紫外線対策としても効果的ですが、使用する上で注意点もあります。日焼け止めはある程度時間が経てば効果が薄れるので塗りなおしをすることです。また、夜になったらしっかりと洗い流さないとニキビの原因にもなってしまいます。

もっと読む

相談でトラブル回避

レディ

夏の時期だけではなく、通年使いたいのが日焼け止めである消費者も少なくはなく、年中購入できるネット通販が利用できます。様々な製品があるため、通販ならではのサービスを上手く活用できるのも、消費者から評価されています。

もっと読む