毎日美白対策をするために日焼け止めを使おう【製品の選び方とは】

室内でも欠かさない

衣服の中にまで塗る

婦人

紫外線対策として有効なのが日焼け止めです。外出する時には日焼け止めを塗ってから出るという人も多いようですが、その際に正しく塗れている人は少ないようです。肌が露出している部分にだけ日焼け止めを塗るという人が多いのですが、実は紫外線は洋服の中も透過してしまいます。その為、日焼け止めを塗る時には衣服の中もしっかり塗ることが大切です。また、部屋の中にいるから大丈夫だという人がいるのですがこれも間違いです。部屋の中にも紫外線は入り込んできますので、一日中家から出ないからと予防していないなんてことにならないように注意しましょう。また、最近は日焼け止めサプリなどというものも販売されています。服用することによって、一日中紫外線を気にせずに過ごせると話題になっているようです。このようなものを使用して予防していくことも考えてみましょう。価格もそこまで高くないものが販売されていますので、配合成分をチェックしたり、口コミなどを参考にしたりして選んでみてください。日焼け止めを塗る習慣がないという人も未だに存在しているようですが、紫外線を浴びるということは、皮膚に相当なダメージを与えていることを理解しましょう。紫外線によって皮膚の深層部にまでダメージを与えかねません。人間は皮膚を守ろうとメラニンが必死に働き防御しようとしますが、このメラニンはシミや色素沈着の原因になってしまいます。美容や健康に気をつけたいという人は日焼け止めを欠かさないように気をつけましょう。

水に濡れても落ちない

レディ

日焼け止めといえば、クリームタイプやスプレータイプなど、肌に直接つけるタイプのものが主流です。SPFやPAの数値で紫外線の防御力を調節することができ、TPOに合わせた塗り方ができます。しかし、肌に直接つけるタイプだけでなく、飲むタイプの日焼け止めも存在します。飲むタイプの日焼け止めは、メラニンの生成を阻害する成分が含まれているため、紫外線に当たっても、メラニンが生成されず色が黒くなることはありません。また、体全身に効力を現すので、塗りにくい場所や髪の毛なども楽に紫外線から守ることができます。海やプールは、水に濡れて日焼け止めが落ちやすいので、何度も塗りなおす必要のない、飲むタイプの日焼け止めが便利です。飲むタイプの日焼け止めは、日焼けする前に飲むだけでなく、日焼けをしてしまった後に飲んでも効果があるので、うっかり日焼けしてしまった時に飲むこともできます。もちろん、肌に直接つけるタイプの日焼け止めは、妊娠中や授乳中にも安心して使えたり、子供にも使えたりというメリットがあります。コストも、飲むタイプよりも安いため、コストパフォーマンスにも優れています。錠剤を呑むのが苦手な人や、食物アレルギーがある人は、塗るタイプが向いているでしょう。このように、日焼け止めは用途に合わせて使い分けられるので、TPOに合わせて選ぶことができます。自分に合った方法を見つけて、肌の大敵である紫外線から身を守りましょう。

天然由来成分を使用

女の人

今、天然由来成分で作られたオーガニックコスメが人気ですが、実は日焼け止めの中にもオーガニック製の商品が増えています。オーガニック日焼け止めは植物から抽出した成分や、酸化チタンなどミネラルを使って紫外線から肌を守るのが特徴です。化学物質を多く使っている商品は、肌が弱いという方が使用すると刺激が強く、肌トラブルを起こしてしまうリスクがあります。一方、天然由来成分を主にしているオーガニック日焼け止めは、肌への負担がとても少なく敏感肌の方やお子さんでも、安心して使える点が魅力です。日焼け止めによっては皮脂や汗に強い、ウォータープルーフ処方で作られており、落とす際にクレンジング剤を必要とします。オーガニック日焼け止めは一般的な石鹸でも落とせる商品が多く、クレンジングの一手間を省く事が可能です。マカデミアナッツオイルといった植物オイルなど、保湿成分も植物から作られた天然由来成分を使っています。商品の中には美肌効果が高く、香りも良いローズウォーターを配合しており、紫外線対策をしつつ香りでリラックス効果も得られます。オーガニック日焼け止めはSPF・PAの数値が低いというイメージがありますが、最近はSPF50・PA++++と数値の紫外線防止効果のある商品も増えているようです。日頃の紫外線対策は数値が低いものレジャー時には数値が高めのものと、オーガニック日焼け止めも、シーンによって選べるようになりました。

室内でも欠かさない

婦人

正しい日焼け止めの塗り方を知らないと、しっかり予防することができません。衣服の中まで塗ること、室内に居ても紫外線予防をすることが大切です。また、日焼け止めサプリなども安価で販売していますので、取り入れていきましょう。

もっと読む

注意することもある

女性

日焼け止めは紫外線対策としても効果的ですが、使用する上で注意点もあります。日焼け止めはある程度時間が経てば効果が薄れるので塗りなおしをすることです。また、夜になったらしっかりと洗い流さないとニキビの原因にもなってしまいます。

もっと読む

相談でトラブル回避

レディ

夏の時期だけではなく、通年使いたいのが日焼け止めである消費者も少なくはなく、年中購入できるネット通販が利用できます。様々な製品があるため、通販ならではのサービスを上手く活用できるのも、消費者から評価されています。

もっと読む