毎日美白対策をするために日焼け止めを使おう【製品の選び方とは】

注意することもある

塗り直しをする

女性

紫外線対策のために日焼け止めを塗る人がいますが、日焼け止めを使用するときには注意するべき点もあります。1つは定期的に塗り直しをすることです。1回塗っただけで24時間その効果が持つことは珍しいです。特に、夏場は汗をかいて汗と一緒に流れ落ちてしまうことがあります。そのため、ある程度時間が経ったら再び塗りましょう。ただし、塗りすぎてしまうと肌の毛穴を塞いでしまうことにもつながります。したがって、5時間から7時間程度が経過してから気になる部分にのみ塗布するくらいにしておきましょう。また、ニキビ肌の人は日焼け止めを塗るときには、重ねづけで塗ることが原則です。1回で必要以上の分量を塗るとムラができてしまうので、きちんと塗りこみましょう。それから、日焼け止めは洗い残した場合はニキビの発生原因になることもありますので、お風呂やシャワーできちんと洗い落とすことです。顔に日焼け止めを塗る人はクレンジングを使って洗顔することをおすすめします。ちなみに、ニキビがある人は紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めを使うことは控えた方がいいです。紫外線吸収剤はたいていの日焼け止めに含有されている成分ですが、ベンゼン系やフェノール系の化合物が使われています。そのため、肌が弱い人が使うと稀にアレルギーを引き起こすリスクがあるといわれています。念のため、避けておくといいでしょう。代わりにそうしたリスクを引き起こさない紫外線散乱剤が配合されているものを使うことをおすすめします。

初心者もこれでバッチリ

ウーマン

日焼け止めを正しく理解していない紫外線対策初心者も、日焼けの仕組みとガード方法を知ればしっかり美肌を守れます。まず、日焼け止めを肌に塗る意味ですが、これは太陽から降り注ぐ紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐためです。紫外線は目には見えない太陽光線ですが、肌細胞にダメージを与えて光老化を引き起こす怖い存在。UV-AとUV-Bという2種類の光線がありますが、UV-Aは肌の真皮層にまで届いて、長い年月をかけてじわじわコラーゲンを破壊する作用を持っています。UV-Bは浴びるとすぐに熱を発して火傷のような症状を引き起こす光線で、炎症を起こしてシミを作る大敵です。日焼け止めを塗ると、この有害なUV-AもUV-Bもカットすることが出来るのですが、当然ながら効果があるのは塗った部分だけ。塗り残しがあると、効果は薄くなるのではなくゼロになりますので、塗りムラが出ないようにしっかり隅々まで塗って下さい。また、日焼け止めには効果持続時間がありますので、こまめに塗り直す必要があります。濡れたり衣服に触れたりすると取れてしまうので、その都度塗り直しが必要だということを忘れないようにしましょう。顔に日焼け止めを塗る順番は、メイク前です。日焼け止めを塗ってから化粧下地を塗り、その上からメイクをしましょう。ただ、この順だと日中の塗り直しが難しいので、メイクの上からスプレー出来る日焼け止めも持っておくと便利。スプレーなら髪の毛にも使えるので一石二鳥ですね。

テクスチャーに違いがある

婦人

日焼け止めといってもテクスチャーは様々で、それぞれのテクスチャーによって使用感や特徴には大きな違いがあります。自分に合った日焼け止めを選びたいという場合は、テクスチャーによる違いや特徴を生かした選び方をチェックする事が大切です。日焼け止めとして1番メジャーなテクスチャーと言われるクリームタイプは、保湿力に優れているので乾燥肌の方に向いています。敏感肌で日焼け止めを塗ると肌トラブルを起こしやすいという方は、刺激の少ない乳液状のミルクタイプを選びましょう。ミルクタイプのテクスチャーはとても伸びが良いため、肌を擦らずに広く日焼け止めを塗り広げる事が出来ます。また、ローションタイプは1番肌に優しい日焼け止めと言われており、まるで化粧水のようなテクスチャーで扱いやすい点が特徴です。日焼け止めを塗った後のべたつき感が苦手・・という方は、使用感がサラサラとしているジェルタイプの商品を選んでみましょう。ニキビなどの肌トラブルが起こっている際に使用する日焼け止めは、刺激の少ないローションタイプの他に、パウダータイプもおすすめです。パウダータイプには油分が含まれていないので、毛穴詰まりを起こしにくくニキビなどの肌トラブルが起こりにくいとされています。背中などクリームやジェル状のテクスチャーだと、塗り広げるのが難しい部位はスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。最初にローションやクリームタイプを塗ってから、パウダーで仕上げるといったダブル使いをすると、べたつき感も気にならなくなるでしょう。

室内でも欠かさない

婦人

正しい日焼け止めの塗り方を知らないと、しっかり予防することができません。衣服の中まで塗ること、室内に居ても紫外線予防をすることが大切です。また、日焼け止めサプリなども安価で販売していますので、取り入れていきましょう。

もっと読む

注意することもある

女性

日焼け止めは紫外線対策としても効果的ですが、使用する上で注意点もあります。日焼け止めはある程度時間が経てば効果が薄れるので塗りなおしをすることです。また、夜になったらしっかりと洗い流さないとニキビの原因にもなってしまいます。

もっと読む

相談でトラブル回避

レディ

夏の時期だけではなく、通年使いたいのが日焼け止めである消費者も少なくはなく、年中購入できるネット通販が利用できます。様々な製品があるため、通販ならではのサービスを上手く活用できるのも、消費者から評価されています。

もっと読む