毎日美白対策をするために日焼け止めを使おう【製品の選び方とは】

日差しが強い時の美容品

使用の仕方

女の人

夏になると太陽の日差しが強く紫外線が多くなります。もし、何の対策もせず外に出てしまうと紫外線により肌へダメージが蓄積されてしまいシミやシワなどの原因になってしまいます。このようにならないためにも日焼け止めが必要です。ですが、その日焼け止めといってもどのような種類のものがある知ることは大切です。まず、日焼け止めは2種類に分けられます。それは、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤です。最初に紫外線散乱剤は、これに含まれている成分が肌を覆ってくれることで紫外線を反射して日焼けを防ぐものです。主な成分は酸化チタン、酸化亜鉛となっています。また、特徴として肌への負担も少ないです。例えばSPFやPAの低い日焼け止めは、ほぼ紫外線散乱剤で構成されているものが多くなっています。ですから、短時間で終わる用事の場合ならば、紫外線散乱剤で構成している日焼け止めを利用することで、肌への負担を考慮した日焼け対策になります。次に紫外線吸収剤は、これに含まれている成分が紫外線を吸収し、化学的エネルギーに変えることで、肌への浸透を防ぐというものです。また、SPFやPAの高い日焼け止めは紫外線吸収剤となっています。これは、化学変化を起こすことで、皮膚への浸透を防いでいるため、防御力が高く長時間の用事などに利用することが向いています。このように日焼け止めといっても種類があることが分かります。ですから、自分の肌に合う成分を確認しながら、使い心地や使用シーンなどで使い分けることが大切です。

日常使いならSPF20

女性

紫外線は、肌を劣化させる最大の敵です。屋外だけでなく、ガラスを通して家の中にも入りこむので、油断がなりません。紫外線から肌を保護する方法は、UVカットの洋服や帽子、日傘などもありますが、最も一般的なのは日焼け止めでしょう。日焼け止めは、紫外線の防御力を10から50のSPF数値と、+から++++のPA数値で表示しています。数値が高くなるほど、紫外線からの防御力が高くなるため、選ぶ時は数値の高いものを選んでしまいがちです。しかし、日焼け止めを選ぶ時に基準とすべきなのは、SPFやPA数値の高さではなく、どのようなシーンで使用するかがカギとなります。SPFの数値は、紫外線に当たってから肌が赤くなるまでの時間をどれだけ遅延できるかを示しており、紫外線ブロックの効果は変わりません。SPFの数値が高くなるほど、塗り直しまでの時間が長くなるという意味なのです。一般的には、SPF20なら400分、SPF50なら1000分塗り直ししなくて良いという計算になります。そのため、短時間の外出なら、SPF20程で十分ことが足りるのです。SPFの数値が高くなるほど、肌への負担も増加するとされているので、普段使いならSPF数値の低いもの、アウトドアのアクティビティならSPF数値の高いものと、状況に合わせて選ぶのがベストです。肌への負担を最低限に抑え、紫外線から肌を守るためにも、日焼け止め選びは非常に重要になります。

毎日の紫外線ケアを

ウーマン

私たちは日常の中で、日々紫外線を浴びてしまっています。この紫外線は肌にシミやしわを生じさせるなどといった悪影響を及ぼしますから、できるだけ紫外線による刺激を受けないように気を付けていきましょう。そこで強い味方となってくれるのが日焼け止めです。すでに利用しているという方も多いのではないでしょうか。肌につけておくことで、紫外線が肌に影響を及ぼすのを防いでくれる便利なアイテムです。しかし、使用しているものが一種類という方も多いのではないでしょうか。強力な日焼け止めは、アウトドアレジャーなどで紫外線対策をするには向いていますが、日常に使うには刺激が強すぎるという事もあります。強力なものは外を長時間歩くときなどに使い、日ごろは低刺激で最低限の紫外線カット効果があるものにするという形で使い分けをしていくのがおすすめです。こうして、気軽に使いやすい日焼け止めを用意しておくと、気軽につけることができるので日常の紫外線を防ぎやすくなります。ちょっとゴミ出しに行くときや洗濯物を干す時、家の中にいても窓際にいるときなども知らず知らずのうちに紫外線を浴びてしまいます。その際に受けるダメージは肌を老化させてしまう原因ともなります。ぜひ、外に出るときだけではなく、自宅で過ごしている時も紫外線対策をしっかり行っていくために、日常で気軽に使える低刺激性の日焼け止めも手元に置いておきましょう。こうした日々のケアが若々しい肌の維持につながっていきます。

室内でも欠かさない

婦人

正しい日焼け止めの塗り方を知らないと、しっかり予防することができません。衣服の中まで塗ること、室内に居ても紫外線予防をすることが大切です。また、日焼け止めサプリなども安価で販売していますので、取り入れていきましょう。

もっと読む

注意することもある

女性

日焼け止めは紫外線対策としても効果的ですが、使用する上で注意点もあります。日焼け止めはある程度時間が経てば効果が薄れるので塗りなおしをすることです。また、夜になったらしっかりと洗い流さないとニキビの原因にもなってしまいます。

もっと読む

相談でトラブル回避

レディ

夏の時期だけではなく、通年使いたいのが日焼け止めである消費者も少なくはなく、年中購入できるネット通販が利用できます。様々な製品があるため、通販ならではのサービスを上手く活用できるのも、消費者から評価されています。

もっと読む